常連のイタリアンのお店をやってるGさん

前のスナックからこのお店に移ったのは、ネットのバイト求人で大阪京橋のガールズバーを見つけたのがきっかけです。

ガールズバーなら接客がカウンター越しやから負担がかからずに働けそうと思って、大阪京橋のバイト求人でこのお店で働かせてもらうことになりました。

それからずっとこのお店で続けられてるから、ほんまこのお店で働かせて良かった。

さて今日は常連のGさんが来てくれたよ。

Gさんは市内のイタリアンのお店のオーナーさん。

お店の名前を聞いて調べたけど、すごく高級な感じ。

ちょっと友達と3人では行かれへんかな~。

「○○ちゃん、こんばんは」

「Gさん、お久しぶりです」

「この前お店の名刺渡したけど、来てくれたんかな?」

「あ、いえまだです。調べたんですけど、すごく高級なお店ですね・・」

「もしかして気後れしてもた?大丈夫やと思うけどな~。一度おいでよ」

「そうですか。じゃぁ友達と3人で行きますね」

「5000円もあれば前菜からドルチェまで全部食べられるよ」

「あ、そうなんですか。じゃあ大丈夫そう」

そんなリーズナブルやったんや。リサーチ不足。

「そんなに高級っぽく見えた?」

「なんかコースメニューしか書いてなくってそれが高かったから・・」

「あ、そうなんか。じゃぁちゃんと載せんとな。スタッフに言っておこ」

「(スマホ見て)ほんまやな、コースしか書いてないわ。これはイメージ悪いな笑」

「これは良いこと聞いたわ。ありがとうね○○ちゃん」

素直に反省できる人っていいな。

さすがお店を経営するオーナーさん。

私もお店を持ったら謙虚になってどんどんお店を良くしないとね。

「○○ちゃんはワインは好き?」

「大好きです」

「じゃぁ来てくれたらワインはサービスしよ」

「やった~、ははは」

「いろいろあるから友達とも一杯飲んでいってね」

友達にそんなこと言ったらベロンベロンで帰れなくなります笑

今日はイタリアンの楽しみが増えた1日でした。

明日も頑張ろ~。

トップページ